メディカルトラストは企業における健康管理のアウトソーシング専門会社です
トップページ  プライバシーポリシー  当サイトについて  サイトマップ
サービス案内手続き・お問合せ企業情報産業保健の基礎知識採用情報

活動情報

トップページ > 産業保健塾 2019年 第1シーズン > 講演詳細と参加申込み
サービス案内
2019年6月19日(水)15:00〜17:30(受付14:30〜)
■15:00〜16:30
講師:鈴木 信行 氏(患医ねっと 代表)
「がんサバイバーが復職体験や患者会運営から見た産業保健の課題と今後」
入社1年目の24歳で精巣がん、さらに46歳で甲状腺がんに罹患。
自身の復職や患者会の運営体験から見出している会社対応の問題点と、産業保健スタッフの先駆的な職務とは?
変革の時代に必要とされる患者視点を盛り込んだ仕事の見える化と組織の枠を超えた取り組みが、新しい業務のスタイルを創り出します。
全国で講演・研修活動中を行う鈴木 信行氏が産業保健塾にいよいよ登壇!
■16:40〜17:30
講師:佐藤 典久(株式会社メディカルトラスト 取締役事業部長)
「働き方改革と労働安全衛生法規の改正」
※※定員に達しましたので申込み受付を終了しました
2019年6月26日(水)15:00〜17:30(受付14:30〜)
■15:00〜16:30
講師:小島 健一 弁護士(鳥飼総合法律事務所 パートナー)
         石川 光子 社労士(社会保険労務士法人 アイエイチエム労務管理サポート代表)
「治療と就労の両立支援
  〜 選択制 がん罹患社員用就業規則標準フォーマット 〜」
男性は3人に2人、女性は2人に1人が、生涯でがんになる時代。がん医療等の進歩により、日本は「がんとともに生きる時代」になりつつあり、「がんと就労」の重要性が高まっています。
がんに罹患した社員が離職せず、働き続けることを可能にする画期的な就業支援ツールである『選択制 がん罹患社員用就業規則標準フォーマット』(2019年5月労働新聞社刊)について、両立支援の第一人者である遠藤源樹先生(順天堂大学 准教授)と共に開発に携わった人事労務専門家2名がその意義と使用法について解説します。
■16:40〜17:30
講師:佐藤 典久(株式会社メディカルトラスト 取締役事業部長)
「安衛法改正による長時間労働と企業責任の変化…その対応策」
※残席僅か
2019年7月3日(水)15:00〜17:30(受付14:30〜)    参加申込フォーム
■15:00〜16:00
講師:佐久間 大輔 弁護士(つまこい法律事務所 代表)
「健康情報をめぐるトラブルを防止するために必要な取扱方法とは」
2017年に改正個人情報保護法が、2019年に改正労働安全衛生法が施行され、従業員の健康情報の保護が強化されましたが、対策が手つかずという事業者は厚生労働省が打ち出した指針に基づく措置を講じなければなりません。
個人情報保護法上の対応が問題となる場面を設定し、改正部分も含めた実務知識を解説します。
■16:10〜17:30
講師:佐藤 典久(株式会社メディカルトラスト 取締役事業部長)
「①働き方改革と管理職・在宅勤務・副業について ②働き方改革と健康情報」
ページの先頭へ戻る